今度はいつ行こうかな~沖縄♪♪


by yumi_616
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

芸術の秋♪ミュシャ館&与謝野晶子文芸館

秋やし、芸術に触れてみようって事で堺市駅前にあるミュシャ館に行ってきました。
ミュシャの絵は中百舌鳥駅の自転車置き場から駅へ向かう壁面に
ポスターが何点か飾ってあって、前から綺麗やなと思っていたので
興味がありました。
前回、一度行ってみたのですが、運悪く休館で、今回はリベンジです。

ミュシャの絵の多くはリトグラフという版画の技法で描かれています。
ポスター画が多いのかな。長いものが多く見られました。
堺のミュシャの絵はカメラのドイの社長の秘蔵コレクションらしいです。
お亡くなりになったとき、堺市に寄付されたそうです。
外国へ行くたびに骨董屋とか回って買ってたんやって。
リトグラフ以外にも油絵やパステル画などもあったけど、やっぱり色が鮮明で
細かいところまで描かれているリトグラフものがすばらしかったです。
ミュシャは日本の少女マンガに多大な影響を与えてるらしいよ。
マンガ好きの私。だから、ミュシャの絵にこんなに惹かれるんやね。

私は「ヒヤシンス姫」という絵がとても気にいりました。これです。
めっちゃかわいいわあ♪絵葉書をもらいました(*^_^*)
d0050518_22335056.jpg


与謝野晶子のほうは、晶子の生き方が昔の人やのに情熱的でかっこええなと
思った。略奪愛みたいな感じやけどね。ダンナの鉄幹さんは芸術家肌で稼ぎが
大変少なかったんやって。子沢山(なんと、11人!!)の晶子は自分が稼がな!
ということで、女性自立論を唱えてたのですね。
時代の先を行く女性だったんやねえ・・・
子供の中には「エレンヌ」とか「アウギュスト」とかおるねん。いくら、パリーに
住んでたからって、日本人やのに、この名前はあんまりやん。他のきょうだいは
光とか七瀬とか普通やのに。ちなみに、彫刻家のロダンが名付け親らしいけどさ。
アウギュストさんは後に改名したらしいねんけど、エレンヌさんは改名したんかなあ?
絵恋奴とかそんな当て字にしていたかも・・・などと、途中からは子供の名前が
気になって仕方のない私でした。

それにしても、みだれ髪の短歌は、情熱的でちょっぴりエロチックな感じが
当時の女性の心をわしづかみしたそうやけど、今読んでも、心にぐっと
くるものがありますねえ。
売店で、マンガ与謝野晶子を立ち読みしてしまった・・・
結構おもしろかったわ。

ちなみに、国会議員の与謝野さんはお孫さんなんやってさ。
そして、余談ですが、晶子の出身校は堺の有名校「泉陽高校」です。
沢口靖子もここの出身なのはめちゃ有名な話なんですが、なんと
あの「わたおに」脚本家もここの出身者なんやって~関西人やったんか・・・
どうでもいい話でした。
[PR]
by yumi_616 | 2006-11-13 22:49 | diary