今度はいつ行こうかな~沖縄♪♪


by yumi_616
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

もみじ狩りに行ってきました~京都・高雄

久しぶりの更新です。

先日、京都の高雄へもみじ狩りへ行ってきました。
今回は嵐山から、嵐山・高雄パークウェイという道路経由で行ったので
バスからも綺麗な紅葉を見ることができました。
紅葉のピークなので、混雑を予想し、早めに出発したので、
そんなに混雑することなく高雄へ着きました。

まず神護寺へ。
ここまで行くのが遠いんですよ。なんせアップダウンが激しくて日ごろ運動
不足気味な私は息切れ状態でした。特にお寺直前の階段は地獄でしたが、
着いてからの美しいもみじの木を見て疲れもふっとびました。
d0050518_0132917.jpg



d0050518_014956.jpgここでの名物は厄除けのかわら投げ。2枚投げれるのですが、遠投力のない私はほとんど飛ばないという無残な結果に。厄除けになったんやろか。一方ツレさんは、うまいこと風にのりかなり遠くまで飛ばしてました。すごかった~!しかもギャラリーから絶賛されてました。ウラヤマシー。


d0050518_0161991.jpgこの場所でもみじを眺めながらランチ。こないだ買ったベーグルをサンドイッチにして食べました。オツでしたよ。ひとつだけ難を申すと、山の中なので寒かった~。


お腹も満たされた私たちは高雄~清滝までプチハイキング。
所要時間は2時間くらいだし、アップダウンもほとんどないので快適なハイキングでした。
渓流と紅葉のコントラストも素敵でしたよ。
d0050518_0193852.jpgこの場所でさきほどのかわらを見つけました。こんなところまで飛んできてるんやねえ。私のはないだろうけどさ。

d0050518_0195951.jpg太陽の光が反射して素敵な一枚が撮れました。ちょっとお気に入り♪周りにもみじがあれば尚よかったけど。


ちなみに、もみじ狩りって、果物狩りみたいなイメージで、もみじを取って
てんぷらにして食べるとつい2、3年前まで信じていました。
だって、もみじのてんぷらってあるやん!?


本来の意味は・・・
「紅葉狩りの「狩り」は、獣を捕まえる意味で使われていたが、
野鳥や小動物を捕まえる意味に広がり、さらに果物などを採る意味にも
使われるようになった。
果物などを採る意味では、現在でも「いちご狩り」や「ぶどう狩り」などに使われている。
やがて「狩り」は、草花を眺めたりする意味にも使われ、「紅葉狩り」と言われるようになった。
「狩り」が草花を眺める意味になった由来は、狩猟をしない貴族が現れ、自然を愛でることを狩りに例えたとする説もあるが、はっきりとした説はない。」

だそうです。まるっきり間違ってたわけではないやーん♪
[PR]
by yumi_616 | 2005-11-28 00:27 | diary